<   2015年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

安佐北区でも災害復旧活動は続いています

【災害復旧活動 土砂撤去・土嚢積み】
被災地域の民生委員さんから土砂撤去依頼を受け、学生3名と大人サポーター2名で作業を行いました。
現場に行ってみると、1年前に床下に流れ込み、これまで気づかなかった土砂がたくさんそのままになっていました。状況を確かめつつ、みんなで協力して土砂を土嚢に詰め、運び出しました。
作業中、依頼を下さった方から1年前の出来事を少しお聞きしました。そして、もしかしたら、このようなお宅がまだまだたくさんあるのかもしれない…と改めて思いました。
8.20から1年余りが過ぎましたが、復旧・復興はまだまだ道半ばです。これからも、地元の方たちの声に丁寧に耳を傾け、私たちができることを進めて行きたいと考えています。
ご協力くださった学生のみなさん、大人サポーターのみなさん、ありがとうございました。

e0341969_22495826.jpg
e0341969_22500392.jpg
e0341969_22500731.jpg
e0341969_22501227.jpg


[PR]
by aozorawakamono | 2015-09-30 22:50 | 拠点活動 | Trackback | Comments(2)

今週のオープン時間と昨日の活動…

【今週の拠点オープン時間と昨日の避難訓練記事追加】
週明けです。今週中盤からは10月に突入!の一週間です。
今週のオープン時間は次のとおりです。よろしくお願いします。
9月28日(月) 10:30~16:00 ※
  29日(火) 10:30~16:00 ※
  30日(水) 13:00~16:00 ※
10月1日(木) 10:30~17:00
  2日(金) 定休日
  3日(土) 10:00~18:00
  4日(日) 定休日
 ※印の日は、拠点管理人は打ち合わせ等のため不在です。

さて、昨日は可部学区避難訓練でした。
炊き出し・避難者情報整理・防災情報メール登録などの役割の一端を担わせて頂きました。
ここでは、本部に入った若者たちについて紹介します。

若者たちは、避難者情報整理・防災情報メール登録・受付の役割を担いました。今回の訓練は、この学区では初めの大規模訓練で、関わるすべての協力機関が、それぞれに突発的におこる様々な事象に対応する必要がありました。若者たちも、限られた情報と条件の中で、臨機応変かつ積極的に考え、動き対応し提案していきました。

初めてのことで改善点も多々。けれど、自主防災会の方々や自治会長さんから「お、あおぞらさん。今日はお疲れ様」と様々な場所でお声かけを頂いた。訓練内でも何度もご紹介頂きました。
とてもありがたいことです。
けれども、これは、災害に備える機運の高まりの中で、私たちがこの地域の防災のためにできる役割を考え、真摯に取り組んでいくことへの期待でもあることであると改めて心に刻む…昨日はそういう一日でもありました。
微力ではあっても無力ではないという言葉を思い出しつつ、これからも私たちにできることを進めて行きたいと思います。
ご協力くださった全てのみなさま ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いいたします。

 より詳しい情報はfacebookページ(どなたでもご覧になれます)で⇒こちら

 写真は開始前のミーティング と 終了後の学生間ふりかえりの様子です

e0341969_06395430.jpg
e0341969_06402015.jpg



 

[PR]
by aozorawakamono | 2015-09-28 06:41 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

ペンキ塗りは佳境へと

ペンキ塗りが、一昨日・昨日・本日と順調に進み、そろそろ佳境に入ってきました。
M棟梁(愛称)の指揮下で老若男女が協力し、「首がいたい…」「ペンキが散るぅ…」「顔にペンキが!」とか言いながら、連日頑張ってます。
≪一昨日の様子≫ 女子学生4名と大人サポーター4人で3分の2のペンキ塗りが終了
e0341969_18425020.jpg
≪昨日の様子≫ 残り3分の1の下塗り と 床張りの作戦会議
e0341969_18431451.jpg
≪本日の様子≫ 拠点管理人が不在でも、M棟梁の指揮下でペンキの本塗りが粛々と
e0341969_18430103.jpg
明日になれば、真っ白な「あおぞら」が出現しそうな勢いです。
みなさま、連日のご協力ありがとうございます。
先日、愛媛県から研修視察に来てくださったConnecting Heartsのみなさん。facebookでその様子を報告が届きました⇒こちら
また、若者活動サポートセンターあおぞらの活動はfacebookでも発信中です⇒こちら





[PR]
by aozorawakamono | 2015-09-24 19:00 | Trackback | Comments(0)

研修会とペンキ塗り

本日より、ペンキ塗りが本格化。
2度塗り3度塗りを経て、くすんでいた壁がみるみる真っ白になっています。
リフォームの核になっている広島建築系学生団体scaleのメンバーが、連日、大人サポーターの助けを借りつつ、工夫を重ねながら順調にリフォーム作業を進めています。

e0341969_23020471.jpg
また、松山大学学生の自主活動団体Connecting Heartsのメンバー11人が、研修の一環で来所。
「見る、聴く」をテーマに、10時~16時まであおぞらに集う若者たちと交流 ⇒ 可部の魅力発見の旅「まちあるき」を体験。
Connecting Heartsは、愛媛県で防災活動に取り組む団体で、防災講座やイベントを開催。また、3.11東日本大震災の風化防止と復興支援活動の一環として、東北の魅力発信を継続的に続けている団体です。
瀬戸内海を挟んで向かい合う愛媛県と広島県。いつどこで起きるかわからない災害に備えて、日頃からのつながりをどうやってつくっていけばいいのか? 団体としての活動を継続するための秘訣など、それぞれが持っている思いや課題を語り合いました。
これをきっかけに、新たな支えあいや情報共有が進むことを期待しています。

e0341969_23133899.jpg
e0341969_23134724.jpg
e0341969_23152040.jpg

















[PR]
by aozorawakamono | 2015-09-21 23:16 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

ペンキ塗りの下準備完了

リフォーム開始から2日、ペンキ塗りの準備完了です!
広島学生建築系団体scaleのメンバーの企画、そして、近大、修大、文教のあおぞらメンバーと大人サポーターのみなさんのご協力で、ペンキの試し塗も終了。
明日からの本番塗りが楽しみになっています。

そして、明日は、松山大学の学生グループとあおぞらに来ている学生たちの交流会です。
午後は、みんなで可部のまちを歩きます!
昨夏の被災のこと、それからのまちのこと、学生たちの活動のこと… さまざまな交流ができればよいと思っています。
 ※リフォーム工事のため、若者活動サポートセンターあおぞらの拠点は9月27日までお休みしてますm(_ _)m

e0341969_20265198.jpg
e0341969_20270978.jpg
e0341969_20265408.jpg
本日のまかないは、可部の名物 押しずしです(それぞれの家庭によって、具も味も異なりますが)
e0341969_20265817.jpg

[PR]
by aozorawakamono | 2015-09-20 20:29 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

リフォームと災害支援とまちめぐり

まずはお知らせ…【明日18日(金)、あおぞら拠点は定休日です!】
現在、同時進行でさまざまな事業・企画が進んでいます。

拠点は、19日(土)からより本格的なリフォーム工程に入ります。このため、来週いっぱいは、拠点はお休みしますm(_ _)m。
今日は朝から大人サポーターのMさんが、リフォームの工程を確認しつつ、黙々と天井の汚れをとってくださいました。拠点のビルはかなりレトロ。このため、汚れを取ってしまわないと、ペンキがうまく塗れません。そのため、さまざまな作業の前に、Mさんはいつも効率的な作業の方法を考えつつ、しっかりシミュレーションしてくださるのです。とてもあり難いです。なお、リフォームに伴い、来週いっぱいは、拠点をお休みしますm(_ _)m。

e0341969_20321358.jpg
あおぞらの大人サポーターには、Mさんのほか、土木や内装、解体などのプロの方々がいます。リフォームが順調に進んでいくのももちろん楽しみですが、サポーターの方たちの経験に裏打ちされた現場の技術が、これから学生たちに伝授されていくことがとても嬉しいです。
e0341969_20321662.jpg
関東・東北水害 支援活動の一環としては、広島大学学生ボランティア団体OPERATIONつながりの栃木県への学生派遣に協力させていただいています。
今回、派遣されるのは、安佐北区災害復興支援活動でも精力的に活動してくれたメンバーで、あおぞらにも顔を出してくれる学生たちです。慣れない土地への派遣ではありますが、これまでの災害復興支援活動での経験を現地の復旧・復興視線活動の活かしてほしいと願っています
  ⇒ 詳細は、「学生ボランティア団体OPERATIONつながり」へ

リフォームと並行して、さまざまなイベント・行事への参加準備も進んでいます。
今日は、昨日のまちあるきの模様が新聞に掲載されました。あおぞらでは、このほか、学生たちのカフェ、学生たちがプロデュースする手しごと市&アート展や地域のママグループのブースの支援を行います。また、可部まちめぐりは、可部の旧街道に住む方々が趣向を凝らして出店されます。古民家や酒蔵でのコンサートもその1つ。旭鳳酒造さんの酒蔵では、可部在住のチェリスト秋津さんのコンサートがあります。ぜひぜひ、お越しください!

e0341969_20452048.jpg
e0341969_21150305.jpg
気がつけば、週末です。
そして、シルバーウィークのあおぞらは、ペンキ臭と埃の舞うリフォームウィークに突入します!




[PR]
by aozorawakamono | 2015-09-17 21:02 | 拠点活動 | Trackback | Comments(1)

リフォーム進行中!

今週に入り、リフォーム作業が加速度的に進んでいます。
昨日は、入り口の飾り部分がなくなりました。DIYが得意なM君とあおぞら棟梁Mさんの息のあった作業で、たったの3時間弱できれいさっぱり!
★before
e0341969_23165736.jpg
★after
e0341969_23170279.jpg
今回のリフォームプランは、広島建築系学生団体scaleにお任せしています。これまでも、さまざまなプランを考えてもらっていますが、昨夕は、強力な助っ人が来てくださいました。建築業を営んでおられるscale所属学生のお父様が、滋賀県から新幹線に乗ってビューンっと! そして、若者たちに的確な指示・指導を頂き、2時間後には風のように滋賀県へ去っていかれました。 O君のお父様 誠にありがとうございました。おかげ様で、プランがぐーんと明確になりました。

翌日の今日。施工工程が決まり、週末のペンキ塗りに備えて下準備。クロスをはがしたり、天井面を掃除したりの作業が進みました。
M君と棟梁Mさん、そして、今日は、いつもいつもあおぞらを支えてくださっているKご夫妻も朝からおいで頂き、Kご夫妻からたくさんの脚立も借用し、難航しそうだった作業があっという間に済みました。

e0341969_23171015.jpg


e0341969_23171354.jpg
リフォーム作業進行中の現場を離れて、午後からは可部まちめぐりの演習へ。
若者目線で、小さな路地裏を歩くなど、もっと素敵なまちあるき要素を探すために雨の中出動です。
e0341969_23361917.jpg
最後に行った旭鳳酒造さんでは、突然の訪問にもかかわらずおかみさんが、蔵の中まで説明して頂けるという幸運に恵まれました。
明治時代から建っている大きな蔵の中で、若者たちはいろんなことを感じ、考えたようです。
ちなみに、可部の酒は、中軟水で作られているためキレがよく、北陸地方のお酒に近い味がします(拠点管理人は、最近可部の酒にはまってます)
演習終了後、大人サポーターのMさんに珈琲を入れて頂き、談笑。
e0341969_23362249.jpg
ふりかえりや次回の日程や活動等は、まったりとしたこういう時間に決まっていきます。
次回は、まちあるき演習中に、可笑屋さんの古代米定食(要予約)を頂くことになりました。実際に食していない物のことは、人に説明できませんから!

午後からずーっと雨が降っています。関東の被災地も雨の予報と聞いています。
みなさんの不安が少しでも取り除かれることを祈りつつ、今もなお、被災からの復旧の道半ばの安佐北区でも、まだまだ警戒態勢が続きます。




[PR]
by aozorawakamono | 2015-09-16 23:49 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

速報①【台風18号に伴う大雨被害被災地での学生ボランティア活動について】

速報①【台風18号に伴う大雨被害被災地での学生ボランティア活動について】

このたびの記録的な大雨によって被災された皆様に、お見舞い申し上げます。
現在、現地ではさまざまな団体の先遣隊が情報収集にあたっています。また、災害ボランティアセンターが稼働をはじめ、県外からのボランティア受け入れを始めた地域もあります。


これを受け、遠隔地から被災に向かうことを検討している学生・若者の方もいらっしゃることと思います。

若者活動サポートセンターあおぞらでも、被災地支援、現地ボランティア活動や遠隔地から被災地へ向けての学生ボランティア派遣情報を収集中です。

水が引き安全性が確認され、受け入れ体制が整った場所については、随時、学生ボランティア派遣が始まることと思います。
その情報は、確認でき次第、こちらでもシェア⇒ 若者活動サポートセンターあおぞらfacebook していく予定です。


[PR]
by aozorawakamono | 2015-09-15 06:43 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

今週のオープン日程と予告【改装工事に伴うお休みについて】など

今週もはじまりました。
今日も朝から自治会の方・地元のお仲間に学生とさまざまな方たちにお越しいただきました。夏休みの旅の話あり、拠点のリノベーションの話あり、来年度の計画あり…そういう諸々が、この場で飛び交っています。 
また、先週土曜日から拠点のリノベーションが本格化(その模様は下の写真で!)⇒今週末からペンキ塗りを開始します。【予告】改装工事に伴い、来週21日(月)~26日(土)までお休みしますm(_ _)m。お休みするとはいっても、工事はしていますので、拠点にはいつも誰かいると思います(^^)。

【今週のオープン時間】 
9月14日(月) 10:30~17:00
  15日(火) 午前中外出 13:00~17:00
  16日(水) 10:30~17:00
  17日(木) 10:30~17:00
  18日(金) 定休日
  19日(土) 10:00~18:00
  20日(日) 定休日
☆彡 重要なお知らせ!改装工事のためお休みを頂きます ☆彡来週21日~26日まで、改装工事のため拠点をお休みいたします。ご用の方は、電話 082-562-2451 あるいは E-mail aozora.wakamono★gmil.com(★印を@に変更)までご連絡ください。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

建築系学生団体scaleのメンバー。専門だけあって、建設的な意見を出し合い、どんどんデザインが形になっていきます。
e0341969_16573781.jpg
e0341969_16575681.jpg
e0341969_16574675.jpg


[PR]
by aozorawakamono | 2015-09-14 17:01 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

【今、支援活動に向かいたいと考えている若者たちへ!】

【今、すぐに支援活動に向かいたいと落ち着かない時間を過ごしている若者たちへ!】
 ⇒「やがてできることが見えてくる。状況が見えない今は、動くな!」

台風18号に伴う豪雨により、関東・東北地方で堤防が決壊するなどの甚大な被害が出ています。その状況に、昨夏の被災を重ね、心塞ぐ方々も多いことと思います。私たちも胸を締め付けれられる思いです。

ただ、私たちは、昨夏、820土砂災害被災地の住民として、現場に則した支援のあり方の難しさと大切さをそれぞれに経験してきました。
被害の全容が明らかでない現在、被災現場から離れた広島にいる私たちにとって大切なことは、まず落ち着いて、マスコミの流す情緒的な情報やその時々の感情に揺り動かされることなく、自らの目でひとつひとつの事実を確認・判断することだと思っています。そして、今はむやみに動いて力を分散せず、情報を確認し、これから出てくる現場の要請に応じて、若者活動サポートセンターあおぞらとしてできる支援に取り組んでいきます。

★若者たちへ!
今は、やるべきことと、あえてやらないことを見極める時期です。自衛隊・警察・消防等による救助活動が終了した後、さまざまな支援の方向性が徐々に見えてきます。だから、
「やがてできることが見えてくる。
     状況が見えない今は、動くな!」

この時期に、徒党を組んで現場に向かう怪しげな自称災害ボランティア集団などもいます。

混乱の中では、さまざまな行き違いも起きます。予想できない危険もあります。
ですから、しばらくは動かず、状況を見極めてください。
今はその時期です。


[PR]
by aozorawakamono | 2015-09-12 17:35 | お知らせ | Trackback | Comments(2)