<   2015年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

すっかり秋めいてきました

昼間はツクツクボウシ、夜には鈴虫の声が響き、すっかり秋めいてきました。
秋雨前線の動きも活発で、今日は未明から避難準備情報は発令され、今夜からまた断続的な強い雨が予想されています。今週は、何事もない事を祈りつつ、互いを思いやる日々が続きそうです。
エアコンを使う必要もないくらいの気温ですが、窓を閉め切ると空気が淀むしムッとする…扇風機がほしい! と思っていたら、なんと、新品の扇風機を寄付いただきました。寄付頂いた方から匿名でと言われていますので詳しくは書けませんが、今日からしっかり活用・稼働しております。おかげさまで、どれほど過ごしやすくなったことか!本当にありがとうございます。

e0341969_20430556.jpg
私たちは、現在、可部で開催される9月・10月の地域のイベント(防災・まちづくり)のいくつかに参画させて頂くことになり、その打ち合わせや調整をする毎日が続いています。明日9月1日は防災の日。広島県では「みんなで減災」県民総ぐるみ運動が展開されており、県内各地でも、これまで以上にさまざまな防災イベントや大規模な避難訓練が実施されます。私たちも、可部学区で開催される防災訓練で、地域住民で構成する団体として何ができるか考えつつ、若者たちとともにできることに取り組んでいきます。

また、先週26日。まちあるき勉強会を開催。これは、10月11日(日・祝)に開催される可部まちめぐりでまち歩きガイドをするために実施した勉強会の2回目です。今回は、旭鳳酒造さん~可部駅までのガイドルートを通しで歩きました。旭鳳酒造さんでは、地域の方のお口添えで、急遽、勉強のために蔵の中まで見せて頂きました。大正時代から続く蔵の様子など、急遽お願いしたにも関わらず丁寧に説明いただき、中軟水の水でつくる可部の酒の美味しさを知りました。また、「がんす言葉」や「偽金づくり」など、聞けば聞くほどおもしろく驚くことばかり! 可部の奥深さを実感。これから、学んだことをまとめてガイド原稿をつくり、ガイドの勉強が始まります。また、勉強会には、最年少のあおぞらメンバーR君(4カ月)も参加、ベビーカーでまちめぐりをするためのルート検討に一役かってくれました。

【お知らせ】明日9月1日は、拠点管理人不在(本業で出張)のため、あおぞら拠点は臨時のお休みをいただきます。毎度のことで申し訳ありませんm(_ _)m

e0341969_20422480.jpg
e0341969_20422862.jpg
e0341969_20422623.jpg









[PR]
by aozorawakamono | 2015-08-31 21:08 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

今週のオープン日程です【8月31日-9月6日】

気がつけば、今週から9月に突入ですね。
秋雨前線の動きが気になりますが、何事もない1週間になりますようにtと祈りながら。

【今週のオープン時間のお知らせ】
8月31日(月) 10:30~17:00
9月1日(火)  臨時のお休み  
  2日(水)  10:30~16:00
  3日(木)  10:30~17:00
  4日(金)  定休日
  5日(土)  10:00~18:00
  6日(日)  定休日

e0341969_10242091.jpg

[PR]
by aozorawakamono | 2015-08-31 10:25 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

土嚢つみかえ作業に参加しました

一昨日・昨日の2日間、土嚢つみかえ作業等のボランティア活動に延べ15名の若者とあおぞらサポーターが参加しました。

地区の方々といっしょに朽ちた土嚢をつみかえる作業を行いながら「1年前のあの日々を思い出した」「土嚢がこんな状態になっているなんて、思わなかった」(参加したサポーター談)と、1年を経た被災地の今を心に刻みました。また、明日・明後日にやってくる台風を前に、「ここ以外の場所でもこのような作業が必要なのではないか…」と参加した学生たちも、口を揃えて言っています。私たちとしても、できることを見つけながら活動を進めていきたいと考えています。安佐北区の復旧は、まだまだ道半ばです。


作業終了後の様子

e0341969_14341519.jpg


さて、今週の拠点オープン日程をお知らせします
8月24日(月) 10:30~17:00
  25日(火) 13:00~17:00
  26日(水) 10:30~17:00
  27日(木) 10:30~16:00
  28日(金) 定休日
  29日(土) 研修のためお休み
  30日(日) 定休日
よろしくお願いします。

e0341969_14355021.jpg

[PR]
by aozorawakamono | 2015-08-24 14:41 | 拠点活動 | Trackback | Comments(2)

可部まちあるき勉強会①

本日は昨日までの雨空が嘘のように晴れあがり、あおぞらが広がる可部町です。
復旧途上の被災現場では、今日・明日と土嚢のつみかえ作業のボランティア活動が行われています。学生たちも朝から装備を固めて現場に入りました。お盆も過ぎ、少しだけ風が涼しくなったのがありがたいけれど、炎天下の中の作業は厳しく熱中症の危険もあり、気が抜けません。

さて、昨日は雨の中で、「可部まちあるき勉強会」を行いました。
可部は山陰と山陽を結ぶ交通の要衝であり、水運や鋳物業、酒造りなどのさまざまな産業で栄えた町です。町家のつくりも独特なものがあり、防火のために設けられた水路や農業用水が網の目のようにあり、水音が今もいろんなところから聞こえてきます。
今回は、この町の歴史に詳しい可部夢街道まちづくりの会のみなさんに講師をお願いし、品窮寺(ほんぐうじ)の本堂をお借りして、あおぞらメンバー4人が学びました。本堂もとても立派です。講師のみなさんから、可部という町の成り立ちから、産業、町家のつくりや最近のまちづくりに至るまで、ガイドルートにしたがって説明頂きました。実は、この勉強会後に自主学習して、10月11日には、みんなで可部まちめぐりガイドをすることになっています。なので、みんな必死に学んでいます。

e0341969_14173091.jpg
1時間あまりのレクチャー後、いざ、まちあるきへ。
人がやっと一人通れるくらいの小道を通って、湧水や船板塀に可部駅前のモニュメント、船溜まりだった池の後にある講演とさまざまな場所を巡ります。参加した学生が「可部は本当に水に囲まれているんだなと!ずっと水路が下にあって、水の音が足元からちょろちょろと聞こえてくる。水の道を歩いてるみたいでした!!」と言っているくらい、豊かな水とこんなところにこんな道が!という探検気分が味わえて、とても楽しい3時間弱の勉強会でした。
自分の住んでいるまちのことを知ること、その歴史を学ぶこと、それは、人と暮らしを知り、人は人とともに時を刻み生きていくのだという事実に気づくための大切な取り組みだと、私たちは考えています。そして、この町で、生きる。自分の住む場所を愛しむ。それが、支えあいや助けあいにつながり、防災や減災にも寄与すると信じています。
次回の勉強会は、8月26日に開催。

e0341969_14363323.jpg
e0341969_14202693.jpg
e0341969_14173026.jpg
e0341969_14173089.jpg
勉強会終了後の復習! これも大事!!

e0341969_14173034.jpg



[PR]
by aozorawakamono | 2015-08-22 14:37 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

リフォーム進行中(模型ができた!)

リフォーム進行中のあおぞら拠点。
イメージを確認するために、R君が模型をつくってくれました。それもたった1日で!
あおぞら拠点はさまざまな大学の学生たちが集う場で、学生たちが住んでいる場所は県内各地に分散しています。そのため、いっしょに何かを創りだすときは、情報共有に一工夫が必要です。イベント企画ならFBやLINE、電話等でなんとかなっても、ハード面を検討する時にはそれ以外の工夫が絶対に必要。図面では見方がわからない人も多いだろうし、イメージ図では何度も書き換えなければならないし、3D画像にするには立面図がない、どうしようかなぁと前から悩んでいました。
すると、模型つくろうと思ってるんですという情報があがってきて、そして、今日、「簡易的ですが、つくってみました!」と、突然、模型の画像が届きました。

e0341969_23260413.jpg
拠点は、昔、喫茶店でした。今も、その頃のパーティションやカウンターもまだ残っています。
それが上の画像。そして、下の画像がリフォーム・プランの模型。

e0341969_23261050.jpg
すごい!すごいよ、凄すぎるよR君。
あなたに、そして君たち広島建築系学生団体scaleのメンバーに、いっしょにリフォームしない?と声をかけた私の勘はあたっていました。
これまで、少しゆっくり目に進んでいたリフォームも、加速度をつけて進んでいきそうです。
天井と壁、何色にしようかしら… 夢が現実にどんどん近づいて行きます。
若者たちといっしょに、居心地の良い場所づくりへ!

e0341969_00003694.jpg
実測中のscaleメンバー  広島建築系学生団体scale








[PR]
by aozorawakamono | 2015-08-22 00:04 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

1年が経ちました

2014年8月20日深夜。
前夜から続く凄まじい雨と轟く雷鳴にまんじりともできなかった私たちのまちを、土砂が駆け下りました。暮らしが一瞬のうちに形を変え、不安の中で迎えた夜明け、目の前には変わり果てた故郷の姿がありました。
あれから1年。
平成26年8月豪雨によりお亡くなりになられた75名の方々のご冥福をお祈りします。また被害を受けられた多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。


可部は、ここのところ断続的に強い雨が続きます。
さまざまなことを思い出す、思い出してしまう雨の一日でした。


[PR]
by aozorawakamono | 2015-08-20 21:52 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

公開講演会「災害の経験を未来に活かす」

公開講演会『災害の経験を未来に活かす』は、おかげさまで無事終了しました。
開催告知が遅れたにも関わらず、想定を超える多くの方々に来場いただき、心から感謝しています。
2つの講演と来場者ディスカッションの構成で、2時間半があっという間に過ぎました。
事実確認と分析、そこからの学び、次の災害による被害を最小限にするために備えるために、何ができるのか。
また、若者たちが災害現場で何を感じ、それがその後の生き方に及ぼす影響を教育的側面から考察する内容は、大変興味深く示唆に富んだものでした。また、今後、被災地で息長く復興支援活動を行うための取り組み方やしくみづくりにも大いに役立つ内容で、今後のあおぞらの活動に反映させていきたいと思います。
明日は、テーマを絞り込んだトークセッションを開催します。
e0341969_23040130.jpg


※今回の講演会概要は下記のとおりです
・日時:2015年8月18日(火)15時~17時30分
・会場:安佐北区総合福祉センター6階 大会議室
・内容:講演2題
 『「生きる力」からまれた、様々な災害支援の仕組みと活動』 
  講師:佐々木豊志さん
 (一般社団法人 RQ 災害 教育センター代表理事 ・一般社団法人くりこま高原自然学校教育センター代表理事)
 『東日本大震災に関わる聞き取り調査を通した災害教育』
  講師:高田研さん
 (都留文科大学教授・一般 社団法人 RQ 災害 教育 センター理事)
・主催(共催): 東京農工大学降旗研究室・広島修道大学西村研究室・一般社団法人RQ災害教育センター・RQ広島・若者活動サポートセンターあおぞら
・後援:安佐北区社会福祉協議会、日本環境教育学会、日本社会教育学会




[PR]
by aozorawakamono | 2015-08-18 23:11 | 講座・研修会 | Trackback | Comments(0)

網戸…来る!

今日の可部は、午前中一時豪雨(大雨警報がでて避難勧告発令)、午後3時以降は雨も止み青空がのぞきました。
豪雨の午前中は携帯の防災メールや緊急速報が間断なく届き、屋外では避難勧告を知らせるサイレンと放送が鳴り響く状態で、あおぞらでも落ち着かない気持ちのまま、ボランティア仲間といっしょに待機。 これから台風襲来の本番の時期が来ますが、こういう時間ができるだけ続かないように心から祈っています。

さて、本日はお盆休み明け初日。
拠点インテリアのリフォームイメージの模造紙が届いたので壁に貼りだし(仕上がりつつある図面や模型がとても楽しみ)、掃除をし、花たちに水をやり。明日からの講演会や勉強会の準備と目まぐるしい一日でした。

e0341969_21580967.jpg
そして、網戸も届きました! この網戸は、可部在住のTさんのご寄附で購入できました。
網戸がほしい!蚊が来る!と愚痴っていたところ、それでは困るでしょうとわざわざ採寸までしてくださったTさん。これで、夜の会合も窓を開けてでき、。省エネもできます。Tさん、本当にありがとうございました!

e0341969_21580587.jpg
そして、午後は、HUG-YOUの定例ミーティング。
久しぶりの顔も揃い、活動のふりかえりや今後の予定・行動計画等を3時間みっちり打ち合わせ。
e0341969_21592066.jpg
夏休みはこれからです。元々展開していた防災・減災活動や安佐北区での復興支援活動に加え、東北の復興支援活動や海外のボランティア活動、インターンシップに卒論の準備、4年生は最優先事項の就活と、それぞれの悩みを抱えながら、それでも前向きに過ごしています。そして、その学生たちに差し入れをしてくださる地域の方々。みなさんのご厚意に感謝しながら、学生たちはこの拠点の使い方にもだいぶん慣れてきたようです。

【お知らせ】
明日18日と19日は、公開講演会対応と内部研修会実施のため、拠点はお休みします。
なお明日18日15時~の講演会「災害の経験を未来に活かす」は入場無料、会場は安佐北区総合福祉センター6階大会議室です。
事前申し込みは不要ですので、ぜひ、お越しください。


[PR]
by aozorawakamono | 2015-08-17 22:35 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

8月17日~23日の日程です

おはようございます。
朝夕は涼しさが感じられるようになったものの、昼間はまだまだ残暑が厳しい安佐北区です。そして、天気予報では雨。すでに、今朝早くから被災地域には避難準備情報が発令されています。

さて、今週の拠点オープン日程や行事についてお知らせします。
今週は18日に公開講演会「災害の経験を未来に活かす」と19日は内部研修会。そして、金曜日から可部のまちめぐり勉強会。週末は土嚢のつみかえボランティア活動と慌ただしい1週間です。これらの行事実施に伴い、拠点オープン日程を変更します。みなさんにはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。もちろん、拠点にお電話いただければ連絡はつきます(ボイスワープで)。あおぞら拠点電話番号:082-562-2451
【今週の日程】
8月17日(月)10:30~17:00 通常通りオープン
  18日(火)公開講演会開催のため お休み
  19日(水)内部研修会のため お休み
  20日(木)10:30~17:00 通常通りオープン
  21日(金)定休日 ※ただし午前中に可部のまちあるき勉強会実施(若者対象)
  22日(土)通常通りオープンの予定ですが、土嚢つみかえボランティア活動に参加するためお休みするかもしれません。
  23日(日)定休日

18日の公開講演会「災害の経験を未来に活かす」は15時~開演です。
入場は無料です。あの災害の経験を無駄にしないために、ぜひご参加ください。

e0341969_21525962.jpg


[PR]
by aozorawakamono | 2015-08-17 08:56 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

ふりかえりとリフォームプラン

昨日は、お盆休み前最終のオープン日。

一昨日のハンドマッサージ講座に来てくれたMちゃんがつくってくれた、可愛い案内板を入口の階段に設置しました(にわとりの絵がステキ)

e0341969_23023032.jpg

午前中は、HUG-YOU(防災・減災を考える学生団体)が先月のサバイバル合宿のふりかえりを実施。今回は、合宿地日野のYさんに無理をお願いして、参加頂きました。ふりかえりとともに、これからのことや次回の方向性の芽だしはできたようです(…一番肝心なところで、管理人は別対応をしていたので詳細はわからず…、後で確認せねば)。また、4年生が卒業準備にかかるこの時期。来年の今頃を睨みつつ、後輩にこれだけは伝えておきたいと思える「何か」を、旅立つ前の4年生自身が見つけてくれたならいいなぁと思っていますが、これからが正念場です。


e0341969_23023591.jpg

そのふりかえりの途中で、ボランティア仲間で今は復興連携センターすまいるの職員になっているNちゃんが来所。今月22・23日にある土嚢のつみかえ作業の打ち合わせを。昨年の災害からほぼ1年。応急処置であちこちに積まれた土嚢の袋が朽ち、本来の役目を果たさなくなっている箇所もあります。その土嚢の積み替え=災害復興支援ボランティア活動です。


午後は、拠点のリフォーム計画をしてくれている建築系学生団体scaleのメンバーが、計測やプラン作成に来所。

前期が終わり、リフォームプランが図面に落とし込まれていきます。実作業はどこからなのだろう…材を購入したり、日程を調整したりといった日々が再び始まります。


e0341969_23024013.jpg
広島建築系学生団体scaleの活動状況は ⇒ こちら

さて、本日8月13日~16日まで、若者活動サポートセンターあおぞらはお休みをいただきます。
休み明けは、8月17日10時30分~ 通常通りに再開します。
[PR]
by aozorawakamono | 2015-08-13 14:23 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)