<   2015年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

家具も内装もDIYで!

朝からはっきりしない天気模様。
地域の小学校は運動会で大盛況。 被災された田んぼでは、土砂を取り除くボランティア活動や田植え。
地域の集会所では、梅雨を前にした防災講座などが開催されています。

そんな中、あおぞらは6月末のオープンに向け、DIY本格始動。
手始めの棚づくりに着手。家具は、デザイン・材料や道具選び・製作まで、可能なかぎり若者たちの手で。これも一つの学びの場。〇〇ワークショップとか大仰に構えず、できるかな?ま、やってみましょ!の感覚でのトライ&エラー。
現在のお題は、「事務機能部分の棚・机を、クライアントのイメージに合わせて設計し、既成のものよりも安価につくる。」

ということで、今日は社会人2年目のK君と朝からこの地域最大のホームセンターへ。
このホームセンターはプロ仕様。なんでも揃うけれど、なんでもありすぎて、素人はちゃんと考え、かつ、柔軟な発想で臨機応変に材料を選ばないととんでもなく無駄な買い物をしてしまう…魔物がすむ場所。ああでもない・こうでもないと相談しながら、お昼まで滞在⇒購入。午後から制作。
イメージを図面にし、1枚の大きな板から必要な部材を切りだし、ねじを選び、材料を揃え、普段なかなか作れない大きなものをつくってみる。
これも経験のうち、多少いびつでも大丈夫。考えてつくりあげることに意義がある。
将来「お父さんカッコいい」と言われるくらいにDIYができる人になってくれればいいなと願いつつ!そして、工具が使えれば緊急時に必ず役に立つから! 

K君 貴重なお休みに今日も来てくれてありがとう! 来週は、机に着手かな?

e0341969_21365281.jpg






[PR]
by aozorawakamono | 2015-05-30 21:40 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

6月の開所予定のお知らせ【不規則で申し訳ありません】

現在、あおぞらの拠点は開所準備中です。
6月もプレオープン期間とさせていただいています。この期間に、さまざまな準備を行うため、勝手ながら、拠点事務所を開いている日程が不規則になります。
少ない人数で準備を進めているため、みなさまにはご迷惑をおかけしますが何卒ご了承ください。

【6月の開所予定】
第1週:1日(月)10:30~13:00 / 2日(火)~3日(水)10:30~16:00
    / 4日(木)・5日(金)13:00~17:00
第2週:8日(月)~11日(木)10:30~16:00
第3週:16日(火)~17日(水)10:30~16:00
第4週:22日(月)~24日(水)10:30~16:00 / 26日(金)13:00~17:00
 ※上記期間内でも、急遽、閉室することがあるかもしれません…手続きとか呼び出しとか…
  その場合はfacebookとブログでお知らせします。

e0341969_18502942.jpg
[PR]
by aozorawakamono | 2015-05-29 18:52 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

中間支援

昨日も学生と卒業生が来所。
二人は災害ボラセン発足時に、安佐北区社協で実習生でした。
殺気立ち戦場のような災害ボラセンの中で、一般職員以上に走り回っていた彼女たち、ホントに頼もしかった。最初に会ったとき「若い職員さんなのに、がんばっとるな」と思ってたら、まだ学生だと言われ周囲はみーんなびっくり!…その彼女たちは、今でも安佐北の復興活動に心を寄せてくれています。
あおぞらの仲間にもなってくれるってことで、来所。うれしいです。
こうやって帰って来れる場所になること。これもあおぞらの大切な目的です。

また、活動と活動をつなぐ 人と活動をつなぐ つまり 人と人をつなぐ そして、その関係を紡ぐサポートをするが中間支援 ではないかと考えています。

安佐北区は、4人に1人以上が65歳以上の高齢者が居住する地域です。
交通と商業の要衝として歴史と伝統のある可部を中心に、さまざまな市民活動が古くから盛んです。けれども、そのどの活動にも後継者不足という課題があります。そして、昨年の土砂災害からの復旧でもわかるように、日々の暮らしの中でも若い世代の協力が不可欠です。
気持ちや興味があってもなかなか一歩が踏み出せなかったり、どうやってコンタクトをとったらいいのかわからない学生や若い世代と地域活動をつないでいくのも、私たちの大切な活動です。
正確な情報を得て正確な情報を発信するために必要な準備をと、拠点の整備の合間に協議を重ねています。

1歩ずつ 1つずつの積み重ね

e0341969_07040677.jpg
















e0341969_07040949.jpg
[PR]
by aozorawakamono | 2015-05-29 07:05 | 活動目的・活動内容 | Trackback | Comments(0)

とまり木

真夏のように暑い毎日。
窓を開け放し「虫が入るなぁ。網戸いるよね…」と思いながら、昨日も朝からロッカーとシンクの掃除。毎日、午前中の1時間は掃除の時間にあててます。
ほしいなぁと思ってた冷蔵庫・ポット・書類整理棚などなどが、子どもネットワーク可部さんや知り合いの方々の「いるんじゃないの?」っていう一言とともに、毎日、どんどん揃っていきます。わらしべ長者状態…みなさんのお気遣いに感謝!
それに、大物の備品のソファーやロッカーは、前の借主さんの置き土産。
使えるものは綺麗にして活用し、壊れたら買い替えよう…そんな感じで毎日掃除です。

昨日掃除したロッカーは、拠点を活用してくれる学生団体用に提供する予定です。
最初の1つ目の活用者が、昨日決まりました。
820発災当初から現在まで、継続的に活動を続けてくれているH大。
大きな荷物を担いで、いつも遠くから通ってくれてて、でも安佐北には自由に使える場所がなくって…の状態だったから、ここをしっかり活用してほしいなと思っています。
とまり木があれば休むことができるから。
休むことができれば、人はまた前に進めるから。
ボランティア活動はいいことばかりじゃないし、なんでと思うことにしばしば遭遇するし、理不尽な言葉やいわれのない理由で心が傷つくこともある。
そんな時に、ここでほげーっとしていてほしいなと思っています。

部屋の使い方を説明して、何か不明な点は?ってきいたら
「電気代とかはいいんですか?」と。
ありがとう… 大丈夫、光熱費とか家賃とかは心配ないから。
と答えつつ、学生にそういう気遣いをさせるとは情けない。
しっかりせんといかんな…と、気を引き締めてます。
e0341969_06192711.jpg








[PR]
by aozorawakamono | 2015-05-28 06:51 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

リフォームへ

大掃除が終わり、リフォームの段階へ。
環境に配慮した設備→ 省エネ = 気候変動への対応+経費節減
ということで、初期投資が多少高くても古い蛍光灯やエアコンは使わず、LEDや省エネタイプのエアコンに変えるため、日々ネット+カタログ+業者さんに相談。
あおぞらには、可部のまちで長く活動しているNPO法人メンバーが多く、こういう時に昔からのつながりや地元ネットワークが存分に発揮されます。
室外機の取り付け位置やエアコンの大きさなど、「同じ投資するなら、ちゃんと効果と意味あるものをつけんとね」と業者さんもみなさん親身になっていろいろアドバイスしてくださいます。本当にありがたいことです。
今日は室外機を取り付け位置を見るために、屋上まで2往復。隣のビルとの間を見たり、工事の段取りとか… 勉強になります。

先日の照明関係の見積もりも今日届きました。
6月になったら、あっちこっちの工事が始まります。
そして、6月になったら、事務部門を整備するために、社会人になった若者たちが三々五々やってきてくれる手筈になっています。
それもまた、楽しみ愉しみ!

e0341969_19585095.jpg
[PR]
by aozorawakamono | 2015-05-26 20:09 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

巣立ち

今日は朝から千客万来。
N公民館の方、設備関係の業者さんに、電話新設に保険の手続き…
まだ任意団体の私たちは、こういう手続きが普通よりすこーし手間取ります。別に何一つ怪しいこともしてませんし非営利団体なんですけど、できたばっかり+中間支援と拠点運営という一般的にあまりなじみのない活動をしているため、ご理解頂くのにワンクッションが必要です。
説明用の簡単なパンフレットをつくればいいんですけど、今は、そこまでなかなか手が回らない…です。

と、そんな中、社会人1年生のS君が遊びに来てくれました。
HUG-YOUのメンバーで、2月11日の復興すまいるフェスタでもきっちり役割を果たしてくれたS君。もうすぐ研修期間が終わり、配属で広島から離れることになるらしいという少し寂しい情報を携えての来訪。新居の準備や引っ越しの段取り、何が必要で何が…とそんな話をしながら、黄昏時の時間をいっしょに過ごしました。
こうやって、一人一人の巣立ちを見守り、背中に手を当てて見送ることができること。
これは何よりのありがたいことです。
S君 新天地に行ってもがんばって。休みの日には、また遊びに来てね。

e0341969_20480405.jpg
[PR]
by aozorawakamono | 2015-05-25 20:50 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

大掃除

今日は大掃除。
埃っぽいなとは思っていたけれど、やってみたら凄かった!
掃き掃除 → 拭き掃除 の繰り返しを6人で取り組むこと4時間30分。
音楽をかけ、黙々と取り組む床磨きで、見違えるほど明るい床面とすっきりとした部屋に!
見よ この色の違いを!
e0341969_19180061.jpg





















e0341969_19181956.jpg










e0341969_19181524.jpg










e0341969_19183096.jpg















e0341969_19182807.jpg










e0341969_19180674.jpg






















e0341969_19234766.jpg





























































途中で、差し入れの美味しいカレーも頂きつつ、みんながんばりました!
これで、これで心置きなくリフォームに邁進できます。

みなさん お疲れ様でした。ありがとうございました!
e0341969_19280863.jpg












[PR]
by aozorawakamono | 2015-05-24 19:30 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

明かりは大切

生活空間で明かりはとっても大切!
今ついているふっるい(毎回連発してますけど)おっきな蛍光灯では、味気ないし電気代も相当かかること間違いないし →そうだ変えよう!
ということで、今日は信頼のおける工務店さんにお願いをして電気工事の方に来て頂きました。
詳しいことはよくわからないので、とにかく
「フリースペースのどこにでも明かりを移動できるように、シーリングではなくレールをひいてLEDのペンダントをつけたい」
とだけお伝えして、あとは工務店さんと電気工事の方にお任せです。
すると、電気系統のチェックに始まり、レールの通し方から配線系統の切り替えの指示、つりさげ金具や長さの調整…と、こちらが照明器具のカタログを眺めている間に、簡単な図面まであっという間に出来上がっていきます。すごいよすごい!ホントにあっという間にきっちり図面になる!
親方は、本当に根っからの職人さん。ちょっとぶっきらぼうだけど、とっても信頼のおける仕事師さんです。
照明の話が一段落して、壁のペンキ塗りの話や床材のはり方の相談をすると的確で矢のようなアドバイスもたくさんくださいます。
そして、床材も、廃材でよければ持ってこようか? 金ないんじゃろ? と。
涙が出るほどうれしい
けど、DIYできる人数がまだそろっていないからな… と躊躇して即答できず。 
でも、やならきゃいけないから、
大掃除の後は来週は図面つくって、ペンキ塗りと床貼りの段取りだ!

e0341969_21240595.jpg





[PR]
by aozorawakamono | 2015-05-22 22:24 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

害虫駆除大作戦!

拠点として借りるフロアは、5年以上空家だった場所。
ということで、今日は24日の大掃除に向け、害虫駆除大作戦です!
昔は喫茶店だったところなので、換気扇がたっくさんあります。
まず、それを塞いで薬がにげないようにしなくては!
ということで、背の高いM田さんにお願いして、換気扇を塞ぎます。
e0341969_21223710.jpg




























その間に、排水溝と水回りのパイプスルー(これは商品名なのかな?)をし、害虫駆除剤を置く場所を決めて、逃げ道のシミュレーション。
50畳くらいあるフロアなので、いろんなところに設置して効率よく噴射→屋外脱出 しないと薬剤を吸ってしまう… 咽るのはいや!
e0341969_21223317.jpg




























最後に今日の活動記録を残して、M田さんと二手に分かれて効率のよい逃げ道を確認。
そして、カウントダウン開始!
5・4・3・2・1 Go!!
明日の朝は、スッキリ! になってることでしょう。
・・・ どうか、入口にGブリがゾロってことになっていませんように。



[PR]
by aozorawakamono | 2015-05-21 21:37 | 拠点活動 | Trackback | Comments(0)

若者とともに

今日は、H大の学生支援部署へご挨拶にいってきました。
8月の豪雨災害時からこれまでH大学生さんには、復旧復興活動でたくさん支援をいただきました。
それを全面的にバックアップされていたのが大学の学生支援部署の方々。安佐北区の被災現場は、H大のみなさんをはじめたくさんの学生・若者のみなさんの力なくしては、復旧活動を継続することはできませんでした。
そのことを、私たち安佐北区の住民は、感謝とともにいつも覚えています。
そして、これからも若者のみなさんといっしょに安佐北区で! と願っています。
だから、学生のみなさんが少しでも活動しやすいように、安心して活動していただけるように…
そのことをお伝えして来ました。
e0341969_22153784.jpg
[PR]
by aozorawakamono | 2015-05-20 23:05 | 若者活動サポート | Trackback | Comments(0)