カテゴリ:講座・研修会( 12 )

【AMSプログラム研修 第5回講座を実施しました】

 ※日々の活動はfacebookをご覧ください!→こちら
昨日、AMSプログラム研修の5回目の講座を実施しました。
この研修は、若者たちが、自分のいのちと大切な人のいのちを守ることができる人になることを目的に、2014年の広島豪雨災害の被災地である安佐北区で実施しているものです(広島市安佐北区委託事業)。すでに、現地視察や先進地視察を終え、昨日30日は実技実習。
講師に、広島レスキューサポート・バイクネットワーク理事で救急法等指導員でもあるの木村暢宏さんをお迎えし、心肺蘇生法や止血・搬送等の実習を行いました。
受講生は、実際に体を動かしながら、傷病者への対応=なぜ声をかける必要があるのか?助けを呼ぶ理由、先を見て対処することの意味等、さまざまな気づきを楽しい学びの中から得ることができたようです。
次回は11月20日。伝える技術について学びます。

e0341969_14513021.jpg

[PR]
by aozorawakamono | 2016-10-31 14:51 | 講座・研修会 | Trackback | Comments(0)

7月24日 公開研修会を開催します【参加者募集中~】

気象・防災の専門家と被災者自信の座談会で構成する 「広島豪雨災害をふりかえる」
あの日からもうすぐ2年。今だからこそ、語れることがあります。
ふりかえなければならないことがあります。
7月24日 お待ちしています。
申込み不要デス!
e0341969_17291808.jpg

[PR]
by aozorawakamono | 2016-07-12 17:31 | 講座・研修会 | Trackback | Comments(0)

【災害に学び備える研修プログラム 開講!】

【災害に学び備える研修プログラム 開講!】
当団体と安佐北区地域起こし推進課が共催で開講する«新プログラム”です。現地視察や実地演習も取り入れた、即実践につながる内容です。
定員20名。受講対象:大学生~20代の若者。お申し込みはお早めに!
  ↓↓↓
~ あなたの命を守り、大切な人の命を守る人になる!~
『災害に学び、備える「AMSプログラム」in あさきた partⅠ』

2014年8月20日の広島豪雨土砂災害から2年。毎年のように起こる災害、そして、さまざまな災害予測。誰もが、いつどこで被災するかわからない時代になりました。
だからこそ、災害をただ恐れるのではなく、いざという時に“自分で動ける人”になることが必要です。そのために、災害時に私たち市民に降りかかるさまざまな事象を正しく学び、備える術を学ぶ研修会です。
【受講対象】 大学生~20代の若者
【受講料】 全7回 2,500円(資料代・保険料)
※先進地視察時の宿泊・飲食代として、別途実費(5,000円程度)が必要です。
【定員】 20名 (先着順)
【応募締切】 2016年7月15日(金)
【申込み方法】 
受講申込用紙に必要事項を記載の上、若者活動サポートセンターあおぞらまで、FaxあるいはE-mail、郵送で送付してください。
【主催/共催】 若者活動サポートセンターあおぞら/安佐北区地域起こし推進課

※この講座は、安佐北区「災害に強いコミュニテイ“あさきた”をつくろう事業」として、安佐北区役所と連携して行う事業です。

e0341969_23111182.jpg
e0341969_23111677.jpg



[PR]
by aozorawakamono | 2016-06-20 23:14 | 講座・研修会 | Trackback | Comments(0)

2月28日防災・減災講演会『8.20広島豪雨災害を気象情報からふりかえる』 開催迫る!

2月28日(日)開催の講演会『8.20広島豪雨災害を気象情報からふりかえる』

まだ、席に若干の余裕があります。 当日受付可能です。 

行政マンでありながら、気象予報士・防災士・災害現場に急行する災害レスキューボランティアである弘中さんのお話は、きっと今後のあなたの減災に役立ちます。ぜひ、お越しください! ※弘中さんのプロフィールは、下記をご覧ください。

【日時】2月28日(日)13時~15時30分

【場所】安佐北区民文化センター2階 大会議室

   (〒731-0221 広島県広島市安佐北区可部7丁目28−25)

【プログラム】

  12:30 開場 

  13:00 開会・あいさつ

  13:15 講演『8.20広島豪雨災害を気象情報からふりかえる』

  14:35 休憩

  14:45 質疑応答・意見交換

  15:30 閉会


〈 弘中秀治さんのプロフィール 〉

今回、講師としてお招きした弘中秀治さん(ひろなかしゅうじ)さんのプロフィールをご紹介します。
広報フライヤーでは、一般社団法人日本気象予報士会 理事 とご紹介していますが、気象予報士、防災士、行政職員としてさまざまな活動に携わっていらっしゃいます。また、災害現場での活動も多岐にわたり、8.20広島豪雨土砂災害の際には、復旧・復興支援活動のため安佐北区に何度もお越し頂き、ご尽力いただいています。

=====

 阪神淡路大震災及び地下鉄サリン事件から大きく変わり始めた防災対策とともに、宇部市役所で17年間防災担当として、高潮、竜巻、洪水、土砂災害、不発弾処理などを経験するとともに、地域防災計画の全面改訂や防災メール、避難勧告マニュアル、災害時要援護者支援マニュアル、各種ハザードマップ、自主防災組織の育成、防災基本条例など数々の防災対策に携わる。
 また、数多くのNPO法人や市民活動団体などの他、気象予報士、防災士、災害ボランティアとしても活躍。
 現在は、宇部市健康福祉部地域福祉課で、災害救助法、避難所、災害時要援護者(要配慮者)、日赤(火災罹災者対応)、民生委員なども担当。
・一般社団法人日本気象予報士会 理事
・宇部市 健康福祉部 地域福祉課 課長補佐
・内閣府防災ボランティア活動検討委員会メンバー
・一般社団法人日本気象予報士会 理事(九州・沖縄地区担当)
・一般社団法人日本気象予報士会 西部支部 支部長
・特定非営利活動法人日本防災士会山口県支部 副支部長
・特定非営利活動法人うべネットワーク 監事

【書籍等】
・実践防災フォーラム─「どう変える防災訓練」
  (時事通信社、共著)平成18年10月
・気象予報士ハンドブック
  (オーム社、共著)平成20年11月
・大震災から15年、残された課題─防災対策第一線からのメッセージ
  (時事通信社、共著)平成22年4月
・身近な気象の事典(東京堂出版、共著)平成23年5月


e0341969_20171431.jpg

[PR]
by aozorawakamono | 2016-02-26 15:40 | 講座・研修会 | Trackback | Comments(2)

8.20を気象情報でふりかえる講演会

参加申込 まだ間に合います!

8.20広島豪雨災害。被災の有無に関わらず、2014年8月19日~20日のかけての凄まじい雷鳴と豪雨をともに体験し不安に慄いていたのはみんな同じはずです。
そこに立ち返って、ともに学び合いませんか?


申し込みメールで、①お名前 ②ご住所 ③連絡先電話番号 を明記のうえ 

  → aozora.wakamono★gmail.com まで(★を@に変換)


e0341969_20171431.jpg

[PR]
by aozorawakamono | 2016-02-16 20:38 | 講座・研修会 | Trackback | Comments(0)

公開講演会『8.20広島豪雨災害を気象情報からふりかえる』開催

2014年8月20日。あの日の凄まじい豪雨による被災から、一年半が経とうとしています。
あの時、私たちの頭上では、何が起こっていたのでしょうか。
そして、今、年々、巨大化する台風などの自然の脅威
を前に、私たちはいかに備えるべきなのかを、改めて、考えなければならない時にきています。
弘中秀治氏(一般社団法人日本気象予報士会 理事(宇部市 健康福祉部 地域福祉課 課長補佐)を講師にお迎えし、8.20の気象情報を読み解きながら、今後の私たちの防災・減災について考えます
 ・日 時:2016年2月28日(日)13:00~15:30
 ・場 所:安佐北区民文化センター2階 大会議室
 ・参加費:無料
 ・定 員:70名 (要申込。先着順。定員になり次第締め切ります)
 ・申し込み方法 : 次の①②③を明記の上、E-mail あるいはFax でお申し込みください
    ①参加者の氏名 ②連絡先住所 ③メールアドレス を
    送付先 ◆E-mail : aozora.wakamono★gmail.com(★印を@に変えて送信してください)
        ◆fax : 082-562-2451
e0341969_20171431.jpg

[PR]
by aozorawakamono | 2016-01-18 20:17 | 講座・研修会 | Trackback | Comments(0)

女性の視点から考える講座が開催されます

平日の午後開催ですが、女性の視点から考える学習会です。
お時間の許す方はぜひ!

『女性の視点からみた地域における防災・被災者支援学習会』
【日 時】10月21日(水)14:00~17:00
【場 所】佐東公民館(広島市安佐南区緑井6-29-25)
【主 催】防災・被災者支援地域女性ネットワーク立ち上げ協議会


e0341969_21303332.jpg

[PR]
by aozorawakamono | 2015-10-17 21:31 | 講座・研修会 | Trackback | Comments(0)

公開講演会「災害の経験を未来に活かす」

公開講演会『災害の経験を未来に活かす』は、おかげさまで無事終了しました。
開催告知が遅れたにも関わらず、想定を超える多くの方々に来場いただき、心から感謝しています。
2つの講演と来場者ディスカッションの構成で、2時間半があっという間に過ぎました。
事実確認と分析、そこからの学び、次の災害による被害を最小限にするために備えるために、何ができるのか。
また、若者たちが災害現場で何を感じ、それがその後の生き方に及ぼす影響を教育的側面から考察する内容は、大変興味深く示唆に富んだものでした。また、今後、被災地で息長く復興支援活動を行うための取り組み方やしくみづくりにも大いに役立つ内容で、今後のあおぞらの活動に反映させていきたいと思います。
明日は、テーマを絞り込んだトークセッションを開催します。
e0341969_23040130.jpg


※今回の講演会概要は下記のとおりです
・日時:2015年8月18日(火)15時~17時30分
・会場:安佐北区総合福祉センター6階 大会議室
・内容:講演2題
 『「生きる力」からまれた、様々な災害支援の仕組みと活動』 
  講師:佐々木豊志さん
 (一般社団法人 RQ 災害 教育センター代表理事 ・一般社団法人くりこま高原自然学校教育センター代表理事)
 『東日本大震災に関わる聞き取り調査を通した災害教育』
  講師:高田研さん
 (都留文科大学教授・一般 社団法人 RQ 災害 教育 センター理事)
・主催(共催): 東京農工大学降旗研究室・広島修道大学西村研究室・一般社団法人RQ災害教育センター・RQ広島・若者活動サポートセンターあおぞら
・後援:安佐北区社会福祉協議会、日本環境教育学会、日本社会教育学会




[PR]
by aozorawakamono | 2015-08-18 23:11 | 講座・研修会 | Trackback | Comments(0)

公開講演会「災害の経験を未来に活かす」

 広島土砂災害から一年が経とうとしています。
 激甚な自然
災害を身近に体験した私たちは、人々の結びつきを日頃からコミュニティの中に育んでおくことの大切さ、そして支援にあたっては地域社会のレジリアンス(回復力)を促進し、力づけることの重要性を認識しました。
 今回の講演会では東日本大震災等の被災地でこうした教育に取り組んでいる実践者を招いて話をうかがい、広島土砂災害の経験を未来に活かす方策について考えたいと思います。
 ■日時:2015年8月18日(火)15:00~17:30
 ■場所:安佐北区総合福祉センター6階 大会議室 (広島市安佐北区可部3丁目19-22)
 ※
参加無料、事前予約不要です。
  ご来聴をお待ちしております。

e0341969_21525962.jpg

 

[PR]
by aozorawakamono | 2015-07-26 17:32 | 講座・研修会 | Trackback | Comments(0)

ハンドマッサージ講座開催します!

霧雨⇒土砂降り⇒小雨⇒本降り+高湿度と梅雨明けと同時に、梅雨らしい空が戻ってきましたね…という空模様の一日。
管理人ひとりの時は、極力エアコンは使わないようにしているけれど、さすがに我慢できずドライ運転始動。エアコンの威力は素晴らしい! 快適です。

午後からボランティア仲間のMさん来所。続いて、あおぞらとしょかんチーフのMちゃん+R君も。
生後3カ月になるR君は、とってもよく声を出しおしゃべりをして超ご機嫌。

e0341969_20094981.jpg
R君。上の階の子どもネットワーク可部さんにも遠征して、その愛らしさをふりまき、もう大人気。0歳からのあおぞらスタッフ活動がどんどん板についてきています。毎日でも来てほしいし、将来が楽しみ…可愛すぎて、管理人は気になって仕事にならないのが唯一の難点だけれど。
試験の真っ最中の学生のみなさん。試験後、あおぞらに来ると、運が良ければR君の天使のような笑顔に会えますよ。癒されること間違いなし!
そして、今日はR君ママのMちゃんが、としょかんの整備と室内装飾をしっかり進めてくれました。梅雨の鬱陶しさが吹っ飛ぶようなセンスに、部屋がぱっと明るくなりました(写真はその一部)。

e0341969_20243719.jpg

さて、夏休みを控え、あおぞらではさまざまな講座を開催します。毎日、少しずつ紹介していきますので、ぜひご参加くださいね。

今日、紹介するのは「ハンドマッサージ講座」
管理人がMちゃんに、ハンドマッサージを模擬的にやっていて、「これは、きっとみんなが喜ぶし、活動にも役立つね」ってことで、開催することになりました。

■ハンドマッサージ講座  ※若者活動サポートセンターあおぞら主催
このハンドマッサージは、復興支援活動の現場では、被災者や支援者間をつなぎ、和みやコミュニケーション・ツールとして活用されています。香り高いマッサージオイル(固形)とボディパウダーを用いてゆっくりマッサージをしながら、腕や手の疲れを癒します。
今後のボランティア活動等に活かして頂くため、開催します。
・日 時:2015年8月11日(火)13:30~15:00
・場 所:若者活動サポートセンターあおぞら(可部4丁目10-8-201)
・参加対象:高校生以上
・定員:10名(先着順)
・参加費:無料
・持参物:大きめのタオル2枚
・申し込み方法:氏名・住所・電話番号を電話、E-mailにてご連絡ください。
  TEL:082-562-2451 E-mail:aozora.wakamono★gmail.com(★を@に変更して送信)
 ※この講座開催にあたっては、(株)ラッシュジャパンさんのご支援とご協力を頂いています。

e0341969_20095125.jpg



[PR]
by aozorawakamono | 2015-07-22 21:03 | 講座・研修会 | Trackback | Comments(0)