【AMSプログラム研修 第5回講座を実施しました】

 ※日々の活動はfacebookをご覧ください!→こちら
昨日、AMSプログラム研修の5回目の講座を実施しました。
この研修は、若者たちが、自分のいのちと大切な人のいのちを守ることができる人になることを目的に、2014年の広島豪雨災害の被災地である安佐北区で実施しているものです(広島市安佐北区委託事業)。すでに、現地視察や先進地視察を終え、昨日30日は実技実習。
講師に、広島レスキューサポート・バイクネットワーク理事で救急法等指導員でもあるの木村暢宏さんをお迎えし、心肺蘇生法や止血・搬送等の実習を行いました。
受講生は、実際に体を動かしながら、傷病者への対応=なぜ声をかける必要があるのか?助けを呼ぶ理由、先を見て対処することの意味等、さまざまな気づきを楽しい学びの中から得ることができたようです。
次回は11月20日。伝える技術について学びます。

e0341969_14513021.jpg

[PR]
by aozorawakamono | 2016-10-31 14:51 | 講座・研修会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aozorawkmn.exblog.jp/tb/24778122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【11月の拠点オープン日程】 【お知らせと臨時閉室のご案内】  >>