【今、支援活動に向かいたいと考えている若者たちへ!】

【今、すぐに支援活動に向かいたいと落ち着かない時間を過ごしている若者たちへ!】
 ⇒「やがてできることが見えてくる。状況が見えない今は、動くな!」

台風18号に伴う豪雨により、関東・東北地方で堤防が決壊するなどの甚大な被害が出ています。その状況に、昨夏の被災を重ね、心塞ぐ方々も多いことと思います。私たちも胸を締め付けれられる思いです。

ただ、私たちは、昨夏、820土砂災害被災地の住民として、現場に則した支援のあり方の難しさと大切さをそれぞれに経験してきました。
被害の全容が明らかでない現在、被災現場から離れた広島にいる私たちにとって大切なことは、まず落ち着いて、マスコミの流す情緒的な情報やその時々の感情に揺り動かされることなく、自らの目でひとつひとつの事実を確認・判断することだと思っています。そして、今はむやみに動いて力を分散せず、情報を確認し、これから出てくる現場の要請に応じて、若者活動サポートセンターあおぞらとしてできる支援に取り組んでいきます。

★若者たちへ!
今は、やるべきことと、あえてやらないことを見極める時期です。自衛隊・警察・消防等による救助活動が終了した後、さまざまな支援の方向性が徐々に見えてきます。だから、
「やがてできることが見えてくる。
     状況が見えない今は、動くな!」

この時期に、徒党を組んで現場に向かう怪しげな自称災害ボランティア集団などもいます。

混乱の中では、さまざまな行き違いも起きます。予想できない危険もあります。
ですから、しばらくは動かず、状況を見極めてください。
今はその時期です。


[PR]
by aozorawakamono | 2015-09-12 17:35 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aozorawkmn.exblog.jp/tb/23666374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じゃむ at 2015-09-27 16:07 x
まず、情報を集める。

準備を入念に行う。(資機材・食糧など)

交通機関(ルートの確認)、日程、資金、健康状態は万全か?

現地の方に迷惑をかけないのか??

自分に問いかける。

行かないという判断もボランティアです。

後方支援・活動資金・義援金など・・・。

現地に行くばかりが、支援ではない。
Commented by aozorawakamono at 2015-09-28 06:49
じゃむさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

この記事を書いてから現地の状況も動き、どんどんと避難指示が解除されていますし、ボランティアの不足という情報も多々あり、私たちもその情報を得ています。
けれども、多くの大学生や若者とともに活動している私たちは、大学の授業が始まった今、遠隔地の広島からできることをまず第一に考えています。現地に行くことも必要ですが、それは現地の人口の多い隣県の方々や縁のある方々にまずはお任せしてと。 
ただ、息長く支援を続けることは忘れずに、そのためにできることをしくみを計画しているところです。
<< 今週のオープン日程と予告【改装... 土嚢のつみかえ作業を行いました >>